ログイン ログイン

売れ筋人気ランキング

2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
北陸の酒.com facebookページ 飲食店様向け専用登録ページ
 

福千歳 田嶋酒造

 福千歳 田嶋酒造  ふくちとせ  たじましゅぞう
 福井県福井市桃園  蔵元:田嶋徳彦  杜氏:武藤 利夫


福井駅から10分くらいのところの、住宅地にあるこじんまりとした蔵。昭和51
年までは生産するお酒の全量が山廃造りでした。それは、京都の酒蔵にいた杜氏が
山廃仕込しか知らなくて、自然にそれだけを造っていたとのこと。そんな訳で、
田嶋酒造の面々は酒は山廃しかないと思っていたそうです。

福千歳の酒造りを取り仕切るのは、能登・珠洲出身の武藤利夫杜氏。天狗舞で能登
杜氏四天王の一角、中三郎杜氏の元で13年間修行されたそうです。

武藤杜氏は、天狗舞の後、田嶋酒造に来て先代の杜氏福井県では「現代の名工」と
称えられる久保勝治杜氏に薫陶を受けました。久保杜氏の造る山廃は特別に過保護
にもせず、自然のままに造るので凄くしっかりしたお酒になるのです。武藤杜氏
は、久保杜氏に山廃造りをしっかり教えてもらい、天狗舞と全く違う山廃造りを体
験し双方の知識と経験を生かし、プライドを持ってつくりに励んでおられます。

私達と話をする時は身を乗り出して話し、聞くときは両手をきちんと揃えて組み、
座敷では正座をし、仕事場ではきちんと背筋を伸ばして話してくださった武藤
杜氏の人柄に私達はもう大感激!この人の造る日本酒なら、絶対に間違いない
っ!!と確信しました。


酒蔵は小さいですが、和釜に蒸し米がべたつかないように面白い工夫がされていた
り、甑も圧力釜のように面白い蓋がついています。その為に蒸しあがった米が非常
に乾いた感じになるのが特徴。香りも炊き上がったご飯のような匂いでなく、ドラ
イでパリパリ感があるとのこと。その米で麹を造ると実に良い麹が出きるという事
です。

麹室は、特別誂えの杉の木で出来た広い室でした。この杉の木は、水が欲しいとき
には水を出し、逆に水が必要ないときは水を吸ってくれる、スグレものだそうで
す。また室の中には、小さな蔵外秘?道具が一つ。麹はコンペイトウのようにくっ
つくのですが、それでははぜ込みが悪くなるので、麹を手揉みで上手くバラバラに
なる様にするものでした。1個1個の網目の大きさがポイント!とのこと。また、
仕込み水は軟水なので「女酒」と言われる、柔らかい山廃酒が出来上がります。

 蔵元に言わせれば、福千歳の酒は ズバリ!『山廃の体育会系の女の子』。テニ
スのシャラポワや、マラソンの高橋尚子を思い浮かべてくださいとのことでした。
実のところ、この福千歳の酒は秋上がりして実に美味い。ぬる燗にすると絶品なん
です。ぜひお試しいただきたいお酒ですね。

福千歳 田嶋酒造の商品 全 3

ページトップへ