ログイン ログイン

売れ筋人気ランキング

2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
日曜:通販サイト休業・店舗運営 水曜:通販サイト・店舗休業
2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
北陸の酒.com facebookページ 飲食店様向け専用登録ページ
 

竹葉 数馬酒造

 竹葉 数馬酒造株式会社  ちくは  かずましゅぞうかぶしきがいしゃ
 石川県鳳珠郡能登町   蔵元:数馬 嘉一郎   杜氏:四家 裕(能登流)   




『竹葉(ちくは)』醸造元:数馬酒造さんは、明治2年(1869年)創業。江戸時代
より、味噌・醤油の醸造を生業としておられましたが、その仕込み水が酒造りにも
適していたことから、酒造りも始められました。
また、「竹葉」という名前の由来は、仕込み水に使っていた笹川の上流に生い茂る
笹の葉に因んだものであり、また古来より「竹葉」は酒の別称として呼ばれている
ことも命名の由来とのこと。(こちらは“ちくよう”と呼びます)
蔵の目と鼻の先に宇出津漁港があり、醸造蔵の3階からは、雨晴海岸からとはひと
味違った、立山連峰の壮大な容姿を眺めることもできるそうです。(こんな場所で
仕事ができるなんて、何とも羨ましい限りです・笑)


蔵を案内して頂いたのは、数馬嘉一郎代表取締役社長(写真・左)と杜氏8年目の
四家裕杜氏(写真・右)のお二人。
ズバリ!酒造りのモットーは・・・の質問に、お二人一緒に、応接室に飾られた額
縁を指差し、
「米を磨き、蔵を洗う。心を磨き、酒を醸す。」
これは、出来る限り良い原料を高精白で、清潔な環境の中でみんなが笑顔で楽しめ
るお酒を醸したいという、先代の想いが込められているとのこと。いろいろお話を
している最中のお二人も、作業をしておられる従業員の皆様も本当に笑顔♪このア
ットホームな雰囲気が、ほっとどこか心を落着かせてくれるお酒を醸す理由なのか
もしれません。
そして、お二人が目指すお酒は・・・
「食中酒として飲み飽きしないお酒。」
もうこれ以上飲めないと思っていても、なぜか自然と手が伸び、もう1杯が飲める
お酒。本醸造以上の特定名称酒はもちろん、燗にしても旨い普通酒も同等にそうあ
って欲しいと願っておられました。


また、話の中で、実は以前、なかやすの店の前を通り過ぎようとした、近くに住む
おばあちゃんが、“あんたの店、竹葉置いとんがけ。私、若いときにお医者はんか
ら、体調子悪いんがやったら、竹葉飲まれ!ゆうて言われたことあんがいぜ。”
と話されたことをお尋ねしてみると、昔、目の前の宇出津港から船で高岡までお酒
を運んでいたことがあるとのこと。(数馬さんといい、宗玄さんといい、何かしら
富山にご縁があるようです)
実は数馬社長、えっ!?と思われるかもしれませんが、弱冠24歳の若手経営者。
(おそらく日本一若い酒蔵の社長さん)まだまだお若いですが、とても礼儀正し
く、物腰の柔らかい穏やかな好青年です。若い感性で日本酒業界に旋風を巻き起こ
してくれそうな予感が・・・!これから益々楽しみな酒蔵さんですね♪



  

竹葉 数馬酒造の商品 全 3

ページトップへ