ログイン ログイン

売れ筋人気ランキング

2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
北陸の酒.com facebookページ 飲食店様向け専用登録ページ
 

奥能登の白菊 白藤酒造

 奥能登の白菊 白藤酒造店  おくのとのしらぎく はくとうしゅぞう
 石川県輪島市鳳至上町  蔵元:白藤 喜一  杜氏:白藤 喜一(能登流) 



   
とっても笑顔が素敵な白藤ご夫妻。この若い夫婦が力を合わせて酒造りをしていま
す。今の生産量はかなり少ないんですが、いつか沢山の人に支持され、立派な蔵に
なることは間違いありません。
1722年に海鮮問屋として創業された老舗ですが、いつの頃からか酒蔵になり、
今のオーナーで9代目だそうです。オーナーは今流の言い方をするなら、さしずめ
「杜氏のハニカミ王子」といった雰囲気です。言葉は控えめで穏やかな優しい好青
年ですが、酒造りに対する自信と意欲は並々ならぬものがあります。

 若奥様は農大で醸造学を究めてきた才媛。蔵では「麹屋」と言って、麹造りを担
当しています。酒造りに麹は一番大切な課程です。その心臓部を若奥様が担ってい
ます。美人です。とても美人ですから出きる麹もきっと綺麗です。彼女は、大学の
学科を選択するのに、醸造を選んだのは「微生物の世界は平和に見えたから」だそ
うです。人間と平和に共存できそうだから選んだそうです。芯のある一面を見せて
くれました。


仕込み水はすぐ裏にある山の湧水を使っています。地下水でも水道水でも有りませ
ん。去年の震災で水質が変わらなかったのかと聞いてみましたが、金沢大学の先生
の調査でも問題ないということでした。試飲と一緒に出てきた水は、柔らかく(軟
水)甘味すら感じるまろやかな味でした。これならお酒が美味くなるわけです。

この蔵の特徴として挙げられるのが、純米吟醸の量が他の蔵と比べてとても割合が
多いということです。なぜかと聞きましたら、白藤酒造店の純米吟醸は他の蔵と比
較して、特別個性があるから需要も多いとのことでした。確かに辛口仕立てであり
ながら上品な甘さがマスクされていて飲む人を心から魅了してしまうお酒ではあり
ます。成る程ですね。上品な甘味を持った綺麗で優雅な酒です。この当たりが酒造
りのプロから絶賛される蔵の所以でしょうか。

奥能登の白菊 白藤酒造の商品 全 10

ページトップへ