ログイン ログイン

売れ筋人気ランキング

2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
日曜:通販サイト休業・店舗運営 水曜:通販サイト・店舗休業
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
北陸の酒.com facebookページ 飲食店様向け専用登録ページ
 

玉旭 玉旭酒造

 玉旭酒造 おわら娘   たまあさひしゅぞう  おわらむすめ
 富山県富山市八尾町   蔵元:玉生 貴嗣    杜氏:嶋 光国  




夏が過ぎて心なしか暑さも落ち着いた頃、おわらの町越中八尾はにわかに賑わいを
見せる。情緒豊かで優雅な歌と踊りの祭り「風の盆」が始まる。街は「風の盆」一
色になり3日間酔いしれる。酒の名「おわら娘」は、手塩にかけて育てた娘を嫁が
せて幸せになってほしいが、嫁にやらずにいつまでもおわらを踊っていてほしいと
いう願いの物語。そして風の盆が終わると静かに秋がやって来る。

その街に「玉旭」がある。蔵の歴史は富山県内でも2番目に古く、ゆうに200年を超
えた。常願寺川水系の綺麗な水から淡麗辛口と一言では言い表す事の出来ない旨み
のある酒を醸す。

当日は、玉生専務(写真・左)、嶋杜氏(写真・右)に蔵を案内していただきまし
た。ちなみに嶋杜氏は、以前は福光の成政酒造さんで杜氏として腕を振るい、玉旭
酒造さんの杜氏として酒造りを取り仕切るのは、今期で2年目。
玉生専務と共に、“顔の見える酒造り”“地元に根付いた本物の地酒としての玉旭”と
いうコンセプトの元に、山田錦・五百万石・雄山錦など、県内産の酒米を100%使
用した酒造りにこだわり、二人三脚で頑張っておられます。



特に長い間蔵の歴史と共に歩んできた、県産米の雄山錦には、お二人とも大変思い
入れが強く、これまでの酒造りの中で培ったデータを生かし、純米酒としての雄山
錦のもつポテンシャルを最大限に引き出そうと、ボディのある生酒タイプ、そして
味がのって後ギレの良い熟成タイプの二種類を使い分け、新しい市場を開拓した
い!そんな熱意を肌で感じました。
県内の日本酒業界では、まだまだ若い二人。でも酒造りへの情熱、そして玉旭のお
酒を語る時の眼差しは、常に真剣でキラキラと輝くものがありました。当然なが
ら、そんな二人を私たちは応援します!


玉旭 玉旭酒造の商品 全 13

ページトップへ