ログイン ログイン

売れ筋人気ランキング

2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
日曜:通販サイト休業・店舗運営 水曜:通販サイト・店舗休業
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
北陸の酒.com facebookページ 飲食店様向け専用登録ページ
 

羽根屋・富美菊 富美菊酒造

 富美菊酒造 羽根屋・富美菊  ふみぎくしゅぞう  はねや・ふみぎく
 富山県富山市百塚  蔵元:羽根 昭   杜氏:羽根 敬喜 



富山県の東西の人達は、1つの県民性では表せない微妙な性格の違いを見せます。
それは呉羽山(丘陵)が県を二分してきた事によって生まれたものかもしれませ
ん。呉羽山を境に、富山県の水が違う。東は軟水、西は硬水。杜氏といえば東は越
後杜氏が中心で、西は能登杜氏が中心。呉羽山はその中庸を行くということでしょ
うか・・・ そんな呉羽山の麓に、この富美菊酒造があります。

「普通の酒造りも大吟醸の造りの様に」と、原料米の処理から給水などほとんどの
工程を丁寧に丁寧に手作業で行っています。なかやすは手作業だから良いお酒が出
来るとは考えていませんが、そこに良い酒を醸したいという渾身の努力と情熱が注
がれたら、出来るお酒が良い酒になる事を信じています。


蔵元のご子息「羽根敬喜」氏が杜氏になって数年たってお酒も確実に美味しくなっ
てきていて杜氏は年齢だけでない自信と誇りに満ちた顔つきになってきています。
そんな杜氏が先日なかやす酒販を訪ねてくれました。そこでの話の中で互いに確認
した事があるのです。なかやす酒販の求めるもの、それは・・・「ワインではフィ
ネス。日本酒では余韻とキレ」この事に、羽根杜氏は共感してくれたのです。富美
菊は伝統的な酒を醸し、限定流通の「羽根屋」ブランドは日本酒の可能性に挑戦す
るお酒だということです。これからの活躍に是非ご期待あれ!


※『羽根屋』について・・・
『羽根屋』は古くからの富美菊酒造の屋号。基本的に特定名称酒クラスのみの品揃
えで、信頼関係で結ばれている特約店のみに流通する限定流通品です。その名の響
きのように、軽やかに柔らかく、優しい酒。翼の飛翔するが如く、呑む人の心が浮
き立つような日本酒として存在したいという願いを込めています。
“日本酒の限りない可能性を模索し、挑戦し続ける・・・”
至高の酒質を目指す絶え間ない革新。それが「羽根屋」のポリシーです。



羽根屋・富美菊 富美菊酒造の商品 全 8

ページトップへ