ログイン

売れ筋人気ランキング

2017年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
日曜:通販サイト休業・店舗運営
2017年 05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
北陸の酒.com facebookページ 飲食店様向け専用登録ページ
 

三笑楽 三笑楽酒造

三笑楽酒造 三笑楽  さんしょうらくしゅぞう さんしょうらく
 富山県南砺市上梨  蔵元:山洋 杜氏:山英博(能登流) 



合掌造りで知られる五箇山。こきりこ節、麦屋節など民謡の宝庫。加賀藩の煙硝製造場であり、流刑の
地でもあったという奥深い秘境の山里。そこに澄み切った自然に抱かれて銘酒三笑楽は育まれていま
す。
「三笑楽のいわれ」それは、中国は晋の時代。ある僧が二度と里に戻るまいと誓って山にこもり、30
年有余年経ったある日のこと。2人の友人が庵を訪ねて来て、3人は共に酒を酌み交わし語り合った。
友の帰路を見送るうち、僧が里との境である虎渓をいつの間にか渡ってしまい、それに気付いた皆は大
笑いした。三笑楽は、この故事に基づく謡曲「三笑」から「酒は笑って楽しく呑んでほしい」という思
いで名付けられました。

古来より豪雪地特有の雪崩から集落を守るために、守り継がれてきたブナ原生林の谷間から湧き出す清
らかで豊かな伏流水で仕込まれた三笑楽のお酒は、全体に芳醇辛口、山菜等アクの強い料理にも負けな
いコクと、酒を飲まねばはじまらん!という風土に鍛えられた量を飲めるように、すっきりとした喉越
しが特徴です。山の幸の味覚で三笑楽に舌鼓を打ち、四季折々に山の魅力に惑わされてみるのもいやあ
ー、快いもんですよ。

三笑楽の酒造りを取り仕切るのは、能登流の山英博杜氏。
まだ30歳代とお若いですが、これからの富山の日本酒を背負っていく若手として大変期待されている
人物です。非常に穏やかで、心優しい好青年なんですが、酒造りに懸ける情熱・想いは、人一倍強く、
意外にも負けず嫌いな一面も・・・。
(杜氏さんはやっぱりそうでなくっちゃ!)



酒造りは、「一麹(いちこうじ) 二もと(にもと) 三造り(さんつくり)」とよく言われ、一番神経
を使うのが麹造りだそうです。麹は酒母、もろみにいれて米のデンプンを糖化していく役割を果たしま
す。そして2番目に神経を使うのが、酒母造り。酒母は蒸し米、水、麹に酵母を加えたものでもろみの
発酵を促す酵母を大量に培養したもの。バナナのようないい香りがします。
酒米の王者、兵庫県吉川町産特A「山田錦」の精米歩合40%を手に取らせていただきました。もちろ
ん、三笑楽の最高峰大吟醸を造るためのお米です。昨年、一昨年とあまり酒米の出来が良くなかったよ
うですが、今年はいい出来とのことでした。三笑楽では、この大吟醸の他にも、精米歩合は違います
が、純米吟醸でも山田錦を使用しています。雑みの少ない、綺麗な旨みのあるお酒です。


「三笑楽」醸造元の三笑楽酒造は、奥深い秘境の山里、世界遺産にも指定
されている五箇山にあります。
多い年には、2メートル以上の積雪があるそうですが、近年雪が少なくな
っているとのこと。ここにも地球温暖化の影響が・・。
三笑楽こだわりの蒸し釜。近代的な部分も取り入れながら、随所にこのよ
うな昔ながらのこだわりも大切にしています。
びっしりと積み上げられた酒米。兵庫県産の山田錦や地元南砺産の五百万
石が今か今かと、美味しいお酒になるのを待っています
清潔に保たれた、瓶詰めライン。我が子のように大切に育てられた三笑楽
は、ここで旅立ちの時を迎えます。

三笑楽 三笑楽酒造の商品 全 16

ページトップへ